専門学校の特徴

新郎新婦模型

結婚に関する仕事の種類や内容はたくさんあります。
まず代表的なのは、プランナーです。
結婚式を行うカップルと最も接する職種で、式を行う日取りの確保から披露宴の企画などを行います。
さらに式の実施運営も行う総合的な役割を果たします。
次は、美容師やメイクアーティストです。
カップルの衣装の調整を行い、お色直しなどを担当します。
プランナーと同様に企画の段階で参加することもあります。
また、この他にも式の内容によっては様々な職種の方が関わります。
このような人材を育成するためのスクールがあり、専門学校や短期大学、大学で学ぶことができます。
スクールによって学習するカリキュラムが異なっているので、自分が結婚式に関わりたい職種や内容に合ったスクールを選ぶことが大切です。

現在の取り組みやトレンドとして、スクールの授業の一環として学生が冠婚葬祭を企画する学習プログラムがあり、中でも結婚が人気です。
結婚式を打ち合わせから行ってくれてドレスの製作、披露宴の運営や企画を行っています。
学生の学習の場となっているので、価格も非常に低く設定されています。
このため、希望するカップルも多く、抽選などが行われるほど人気があります。
最近では、このように実習の場として実際に結婚式を行い、経験させる学習スタイルを取るスクールが増えています。
これにより、企業としては即戦力として採用することができるため、企業としても注目しています。
今後も実習の機会を提供するスクールは増加すると予測します。